人気ブログランキングへにほんブログ村 イラストブログ 絵手紙へ
小学生とその親に伝えた言葉(特別授業) | 絵手紙の書き方と楽しみ方を学ぶ/絵手紙.net
スポンサーリンク

小学生とその親に伝えた言葉(特別授業)

絵を書く子どもたち絵手紙の言葉

 私が小学校に呼ばれて、4年生の子供たちとその父兄たちと「絵手紙教室」の授業を行いました。その時の私の話のメモを紹介します。

「皆、宝物を持っているんだよ」の話。」

もしも、この手が動かなかったら、どんなにたいいへんだろう。

もしも、目が見えなかったら壁にぶつかったり、何かにつまづいてバッタリ倒れるでしょう。足が動かなかったら、トイレにいくのに時間がかかって、もらしてしまうだろうな。耳が聞こえないなら、車の音が近づいているのも分からない。お父さんや、お母さんの声も聞こえないんだよ。

 わたしには、ボクには手がある。腕も指も動かせる。

それは、宝物。私の目はものが見えるよ。それは宝物。

私の足は動くよ。走ったりもできる。それは宝物。

 手がない人がいる。目が見えない人がいる。足がない人もいる。耳が聞こえない人がいる。声を出せない人がいる。そういう人が一杯いるんだよ。

 私たちは宝物を持っているんだよ。いっぱい、いっぱい持っているんだよ。

お父さんやお母さん、お友達も宝物。

宝物は、汚いところに置くとさびてしまう。磨かないと光らないよ。

手という宝物で人をなぐってはいけないよ。よい事につかおう。

今日は、宝物の手と目と、耳を使って絵手紙を書きましょう。

大体、こういう話をして、スタート。

スタートから、子どもたちと親の心を捉えたようです。

その後の、授業も楽しかった。

子ども以上に、お母さんたちが夢中で書いていました。

母さんたちが一番楽しかったかも。

後日、生徒一人ひとりに絵手紙を書いて送りました。

一人ひとりから、手紙が届きました。

お母さんたちからもお礼の手紙をいただきました。

絵手紙を書いていると、感謝の手紙を受け取る機会が増えます。

これは、私の方の「宝物」になっています。

こういう、文章だけの記事は人気がないようですが

努力して読むと、さわやかさを感じてもらえます。

スポンサーリンク
絵手紙の言葉
スポンサーリンク
tunesanをフォローする
絵手紙の書き方と楽しみ方を学ぶ/絵手紙.net
タイトルとURLをコピーしました