鉛筆で書く絵手紙の書き方と注意点

書き方の応用
Pocket

鉛筆は一番手軽な筆記用具です。誰でも使ったことがあり、持っています。

その鉛筆で、白黒写真のような絵を書く人もいます。

マンガやイラストも鉛筆画が多いわけですが、今回は絵手紙です。

絵手紙で、鉛筆の書きやすさ、手軽さを活かすには。

1)鉛筆の濃さを知ろう。HB~2B~4B~6B

これは、芯の硬さ(かたさ)による区別です。

柔らかい芯の4B~6Bを使うと、滑らかに書ける良い点があります。

鉛筆の濃さの画像/6Bまで

なめらかな、曲線のものを描いてみましょう。

白い胡蝶蘭の花

2)書く紙、ハガキとの相性

(一般には画用紙が多い)ハガキににじみが出にくいハガキの方が書き易い。

線を書く時には、画用紙や官製はがきのような(水をはじく)タイプが書き易い。

ところが、色を塗るのには、水分をはじくので、塗りにくい。

両方とも良い訳ではない。

そのため、絵手紙では、にじみがあるハガキが良さそうです。(色を塗り易いから)

風景画、花、果物の題材で、鉛筆を使い分けている人もいます。

一番なのは「線を細く書くか、太く書くか」「滑らかさを書くか、凹凸や変化を書くのか」ということ。

にじむハガキに、消しゴムは使えません。使いたい人は、ハガキを変えましょう。

にじむハガキ、画仙ハガキで鉛筆で絵を書いて、少しはみ出た所を消しゴムで、、

消そうとすると、紙がはがれてしまいます。

一番の注意すべきところは、「消しゴムを使わない」ことです。

修正液やシールでも、きれいに直せないことがあります。

どうしても、消したい(一度で間違いなく書けない)時には、初めから「消し易い水分をはじくハガキ」を使いましょう。

鉛筆書きで失敗しないコツは、設計図を書いてから書くことです。

エツ?設計図?と思うかもしれません。

絵手紙を書くコツでもあり、絵を書くコツでもあるのです。

絵を書き慣れてくると、「すでに何をどう書くのか頭の中に設計図がある」のです。

頭の中に設計図が書けない人は、紙の上で設計図を書きましょう。

下絵、下書きの絵ではありません。

設計図を見て本番の絵を鉛筆で書きます。

の上で、鉛筆の芯は「短く丸く」すると、筆圧をかけ易い。濃く書ける。

「長く細いと折れ易い」その画像。

鉛筆で濃く書く時には、先を丸くする画像。

言葉は、鉛筆よりも濃くハッキリと書く。筆ペンやマーカーがお勧め。

絵手紙の場合、鉛筆で絵を線描きして、言葉も鉛筆で書くと「薄い絵と文字」になります。

体裁として、良いとはいえません。

できれば、メリハリを付けて、筆ペンやマーカーで文字を書きましょう。

鉛筆の使い方、真っすぐの線、平行線、曲線など工夫をしましょう。

1)鉛筆は、なぞり書きし易い。鉛筆の片側に他の鉛筆を当てて、そのまま横に線を引く。

2)2本の鉛筆を、同時に持って、直線を書くと、平行線が書けます。

3)2本の鉛筆を持って平行の曲線も書けます。挑戦して下さい。

鉛筆で直線の平行線を書く画増。

関連記事

絵手紙を鉛筆で書くコツ。小学生と子供の場合。

コメント

タイトルとURLをコピーしました