絵手紙の文字の書き方でどんな文字が良いとされていますか?

文字の書き方にも良し悪しがある。基本は、分かり易い文字です。

ここからは、参考として私の個人的な見方を紹介します。

「絵手紙の線の勉強法」桜井幸子著 という本によると、

千字文という書き方もその一つという。

明朝活字体を基本とした書き方です。

線を真っすぐに引いた活字体の書き方です。

誰にも分かり易く、そして美しい文字の書き方を追及しましょう。

書道の文字でも、楷書で書いたのは美しいとされます。

一方、上手な字でも「明らかに女性らしい文字」があります。

その文字よりも、女性らしい滑らかさを消した直線的な文字が「万人受けする」からでしょう。

具体的な文字の例を、その本から見てみましょう。その1の例。

絵手紙の文字を墨で書くー書き方の例1

いくらかそれに近い絵手紙の画像がありました。その2。

絵手紙の文字を墨で書くー文字の書き方の例2

参考となる「字手紙の文字例」その3

絵手紙の文字を墨で書くー文字の書き方の例3

少し崩した文字の例。その4

絵手紙の文字を墨で書くー文字の書き方の例4

分かり易さを意識して、自由にノビノビ書きましょう。

文字は、分かり易く。絵もいたずらに大きく書くのではなく「分かり易く」が基本です。

相手に、無理な思考や想像をさせないように。

多くの読み手を意識した絵手紙であれば、「相手を優先的に考える」ことを意識しましょう。

絵手紙の「文字の書き方」を意識できる人は、普通以上に「できる人」ですね。

スポンサーリンク
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
絵手紙の書き方
絵手紙の書き方と楽しみ方を学ぶ/絵手紙.net