人気ブログランキングへにほんブログ村 イラストブログ 絵手紙へ
墨の奥深さ | 絵手紙の書き方と楽しみ方を学ぶ/絵手紙.net
スポンサーリンク

墨の奥深さ

絵手紙の墨にもいろいろあります。

絵手紙の墨はこれですと決まっていません。

墨の種類も墨の魅力も多くあります。

大きく分けると、つでしょう。

1)墨汁タイプ

2)硯(すずり)と固形の墨

3)墨汁の濃縮タイプ

墨汁タイプのものを初めにと人に勧めながら、百円ショップで買って使ってみて、ひどい目にあいました。

なぜ?墨の質が悪いだけではなく、量が多くなかなか減らなくて困ったものです。

しっかりした墨汁タイプのものを初めに使いました。

種類も、「青墨」タイプです。

御承知のように、黒い墨とは少し違っています。

薄い墨色に感じます。この方が、いい味が出ると思いました。

日本絵手紙協会の指導者養成講座に参加した時も

このタイプ、つまり青墨が主流でした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
呉竹の青墨

(2)次に紹介するのは、硯(すずり)を使った固形タイプの墨です。

硯(すずり)と墨(すみ)で擦(す)って使います。

昔から使われてきたものです。

これが、意外といいのです。

節約にもなりますが、好みの濃さの墨が作りやすいのです。

さらに言えば、墨の香りと、墨を擦る僅かの時間が調和して
とてもリラックスできます。

書く前の、気持ちを整えるにもいいですね。

こちらが本格的なタイプで、擦る加減で濃くなったり薄くなったり

多用に使えるので、絵手紙のモチーフに合わせられます。

意外と簡単に擦れるし、墨のよさを発揮できます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

3)濃縮液タイプの墨液。

上の(1)の濃縮、青墨の濃縮と、他の墨の濃縮があります。

濃縮タイプは便利です

硯も不要で持ち歩きに便利です。

慣れてくると、こちらがいいという方もおられます。

タイトルとURLをコピーしました