金木犀(キンモクセイ)の絵手紙・香りの表現。

キンモクセイの写真1絵手紙作品集
Pocket

キンモクセイは、秋になるとオレンジの花を枝に密生させて咲き、強い甘い香りを放つ。キンモクセイは、ジンチョウゲ、クチナシとともに、香りの強い花をつけることから、三大香木(さんだいこうぼく)と言われて親しまれています。名前には良い香りという意味がある。

キンモクセイは、どのような形の花ですか?

色はだいだい(橙)、です。形は十字型の花。 

花の絵を書く時は、小さいので、葉を大きく書いて小ささを表現しよう。

今回は、香りを絵手紙で表現するには、というのが話題です。

私が写したキンモクセイの写真画像。

キンモ1クセイの写真
キンモクセイの写真2

ネットの写真は花が小さい。

実際も小さい、数ミリ?

キンモクセイの写真3

たぶん、キンモクセイの香りの香水や、香料も販売されていることでしょう。

それに近い、香水を、絵手紙に塗ることもできるでしょう。

受け取った人が喜ぶように。

 絵だけで、香りの雰囲気を伝える方法を取り上げます。

ハガキは、にじみの多いものがいいです。

香りは、キンモクセイの絵の周りに、点々と、香りの成分を表す色を落とすだけです。

特別なことではないものの、それらしい雰囲気、イメージになります。

今回の参考の1枚です。

キンモクセイの絵手紙1

花の部分は、鉛筆で書きました。

2枚の絵手紙を紹介。

花言葉、謙遜、謙虚。

花の部分はピグマペンで書きました。ボールペンでも良いでしょう。

金木犀の花の絵手紙ー2

誰もが持っている、自分の小さな幸せ、周りに振りまこう。

金木犀の花の絵手紙ー3

コメント

タイトルとURLをコピーしました