絵手紙を書く人は、思いやり深く、分け合う仲間です。

絵手紙を書いて送る人は、人に思いやりや親切を与えています。

大切な時間と、集中力で書き上げた作品を「与えること」は

命の時間を与えるのと同じです。

相手のことを「真剣に考えて、友人をいたわる言葉を書きます」。

思いやりというのは、そのように、「相手を理解する能力」です。

相手の身になって考えて書きますから、言葉が自然に出てきます。

競争心のある社会で生きてきたので、ライバル意識が抜けない時には。

相手の身になるのは、いつも簡単にできる訳ではありません。

絵の上手な人を羨んだり、身につけているものや持っているもの、
さらには相手の能力の高さにさえ「嫉妬心」を持ちやすいものです。

書いた絵手紙を純粋に、他の人に見てほしいという健全な願いで「ブログで公開」している人が殆どです。

ところが、「絵手紙のランキング」とか、「絵手紙のコンクール」となると、

平静でいられなくなり、闘争心に火がついてしまうことがあるかも知れません。

少なくても、私にもそういう時がありました。

普段は静かでも、何かの刺激が加わると、眠っていたものが出てしまうのです。

まず、そういう「燃え安い素材、その気持ちをゼロにしましょう」。

そして、次が、相手に対する「思いやり」です。

表面だけの思いやりは簡単。心の奥まで固い思いやりを強化するには。

表面だけの思いやりと、心の奥までの思いやり、の区別はつきにくいものです。

刺激を加えて試してみてようやく分かる場合もあります。

人生経験の豊かな洞察力、分別力のある人、絵手紙からも人間性を見抜く力がある人は

違いが分かると思います。

時間が経って分かることもあります。そのことを絵手紙で表現。

その人は、高齢者でも、大きく変化し、大きく成長することができます。

もちろん、若い方はそのスピードが速いものです。

現在のその人の、ほんの一部分しか見ないので、相手に「敬意」を払えないのです。

大きな時間の流れで人を見て、相手に敬意と思いやりを示そう。

とかく、責任のある立場、人に教える立場、指導する立場の方は、何度も

自問して「他の人の絵手紙を評価」しなければなりません。

大きな巻紙に大きな絵手紙を書く人は、「展示会用」には良いようです。

小さな名刺判に書いた絵手紙と、どちらをどう評価しますか?

どうも、大きくて大胆な書き方が「高く評価」されやすようです。

はたして、どちらが思いやりのある作品でしょうか?

次の画像は「コーヒーのフィルター」に模様をつけました。

コーヒーフィルターは、子供でも大人が絵手紙を書くにもいいようです。

絵手紙を書いたり、書く工夫をしたりする人の作品を見て、

私なら、もっと簡単に書けるという思いがあるでしょうか?

どんな、小さな工夫、どんな努力にも、「良い評価をして」下さい。

そうすれば、自分もそう見られるでしょう。

このブログは、いつか「にほんブログ村」のランキングから消えます。

絵手紙の書き方の情報を整理することが「目的です」。

自分用の「教材メモ」として使う予定です。

ランキングというのが、嫌なもので、最近始めたばかりなのに

上位にランクされて、困って、まごついて、この記事を書きました。

他の人に早く道を譲りたいのですが、書きたい記事数はまだ半分以上あります。

少し、我慢して見守ってください。

スポンサーリンク
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
絵手紙の言葉
絵手紙の書き方と楽しみ方を学ぶ/絵手紙.net