人気ブログランキングへにほんブログ村 イラストブログ 絵手紙へ
書く道具 筆いろいろ - 絵手紙の書き方と楽しみ方を学ぶ/絵手紙.net

書く道具 筆いろいろ

絵手紙の筆画像書き方の応用

1.線引き用の筆について

線引き用の筆(基本の筆)が必要です。

細い線引き用の筆もあればいい。

その他の線引き用の筆は実に様々あります。後で紹介。

絵手紙の筆、絵手紙の基本的な筆として1本は必要です。

f0320355_19003760.jpg 線描き筆1

1)一番右の筆が線描き筆です。最初は、使っていないので白い。このように長い毛が使われているのが特長の筆です。絵手紙用に考案された筆ですから、書道用の元は違います。

なぜ、長い毛筆なのかというと、墨が静かに長く少しずつ落ちてくる仕組みだからです。

2)その左2本は、細い線を書くための筆(文字も書く)で、面相筆です。

3)その左、2本は線書き用の筆です。黒く見えるのは、長く使ったからです。これが本物(笑い)

4)左の2本は、焼き鳥用の竹串です。先を少し丸くしています。

良く見て、下さい。その竹串を2本持って書くと平行線が書けます。おもしろいでしょう。

線書き用として使っています。

2.その他の面白い筆を紹介(線書き筆として)

タオル筆、爪楊枝筆、竹串筆、竹ペン、割り箸筆などがあります。

f0320355_18535902.jpg タオル筆他

1)一番右のタオル筆2本は、最近特に人気があります。

2)中ほどにあるのが爪楊枝です。2本並んでいます。

よく見て下さい。2本の間にもう1本入れて広くしていますよ。

実は、これ、私が考えた平行線を引く筆です。2本をテープでくっつけています。それで、上のほうにその平行線を書いています。花の茎や髪の毛などを書くのに便利です。

3)一番左は、爪楊枝ペンですが、墨を付けるにも書くにも手が汚れるので短い割り箸とテープで合体させています。

爪楊枝ペンの1本用は持ちやすいように割りばしで補強しています。

f0320355_18380470.jpg 竹ペンと竹串ぺん

良く見て、下さい。その竹串を2本持って書くと平行線が書けます。おもしろいでしょう。

3.お勧めは、割り箸筆です。とても面白い。

f0320355_18274742.jpg 割り箸ペン

安い道具ですが、使い方でとても味のある線が書けます。

変化に富んだ線が書けて面白いのです。

特に、最初は多くの墨液が出やすい。出過ぎないように、一度テッシュに墨を落として確かめてから書くといいです。ヘタで、味のある線が書ける。人にも勧めやすい。

書くときの注意ポイント2つ

1)最初の墨を少しペーパーで吸い取ってから書く。

2)書き出しのところを、始めから決めておいてから書き始める。

4.彩色用の筆について

彩色用も、太い彩色用と中ぐらいの太さの彩色筆、細い彩色筆と3種類があったほうがいい。

5.簡単に書く道具として、どれがいい?

絵手紙の書く道具の「簡単なもの」は、どれ?

1)筆記具は、2B~4Bの鉛筆。  2)サインペンやマーカーペン。

3)ダーマトグラフ    4)筆ペン

5)耐水ペン(ピグマペン)

好みもありますが、線を滑らかに書くという点では、鉛筆やダーマト。

本格的なのは筆ペン、味のある変化に富んだ線は、耐水ペン。と思っています。あくまでも個人的な感覚です。

絵手紙の基本に近いのは「筆ペンです」黒く濃い色ではなく、少し薄い墨色のものがお勧め。(名前は青墨という)文房具店やホームセンターでも販売しています 。


タイトルとURLをコピーしました