人気ブログランキングへにほんブログ村 イラストブログ 絵手紙へ
顔彩で使いたい色(肌色)が無い時はどうしますか? | 絵手紙の書き方と楽しみ方を学ぶ/絵手紙.net

顔彩で使いたい色(肌色)が無い時はどうしますか?

使いたい色が無いときが多い。どうしましょう。

1)使いたい色が無いときは、「色見本表」を作るキッカケにしよう。

色見本を作って置けば、探すにも、作るにも有利です。

2)多くの色の種類がある顔彩を「個別に購入」する。

3)一番のお勧めは、自分で、「混色して作ることです」。

特に、肌色がないときに。肌色を作るにはどうしていますか?

顔彩の肌色が、単色で販売されています。

しかし、そのままでは「日焼けした肌色?」になってしまいます。

それを薄くしたり、白を加えてもなかなか納得する肌色が出ませんでした。

そこで、自分で作ることにしました。

毎回、自分で混色して作ることもできます。

お勧めは、小さな容器に多めに作っておくことです。

肌色は混色で作る。3つの基本色で試してみた。

基本色として、紅と紅梅、朱の3つに白を混ぜて、試しましょう。

それが次の画像です。詳しいことは別記事で紹介。

お勧めは、2パターンです。

1つは、紅梅と白に黄土色です。上の画像では(3)に当たります。

2つ目は、朱と白と黄土色です。上の画像では(4)に当たります。

4タイプを多く作って、そのまま使います。

必要に応じて、紅梅を加えると赤みのある肌(若い?)になります。

注意点

ハガキの種類によって色が違います。

注意点も含む、詳しい記事

スポンサーリンク
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
書き方の応用
絵手紙の書き方と楽しみ方を学ぶ/絵手紙.net