金メダリスト・高木美帆選手の絵手紙と書き方説明。

高木美帆選手の絵手紙絵手紙作品集
Pocket

2022北京冬季オリンピックで高木美帆選手が金メダルをとった。

身体的な限界への挑戦、何よりもメンタル(精神的な強さ)が光る。

その前の、パシュートというチームプレーで、転倒者が出て銀メダルになったと言うショックを経験している。

1000メートルの競技で五輪新記録を出したことも感動的です。

スポーツ選手の活躍を絵手紙に書くのは話題性がある。

話題性があっても、それをテレビで見て即座にかける人は少ない。

プロ並みのデッサン力が必要となる。

私も、挑戦したものの難しくて、お手上げ状態でした。

絵手紙の好きな方の中には、描写力の高い人が時々見受けられます。

デッサンのヘタな私が書くのは、静止画像を見て書く方法です。

1)静止画像は、パソコンの場合は、動画を見て、丁度いいところで停止させて書きます。

大きなスポーツの大会は動画も殆どのものがありますので検索できます。

2)パソコンやスマホでも停止画像(写真)はたくさん見つけられます。

その画像を見て、模写します。摸索して?いいえ、真似して書く方法のことです。

3)次に、新聞記事の中の写真を見て書きます。

余談ですが、最近は、写真画像を基にして、似顔絵を描いたり、絵手紙ふうに書くアプリまであります。

そいうのは有料のアプリだったり、機能が多くて使いこなすのが大変でした。(失敗談)

新聞の写真を見て、真似して絵を書きました。

目を入れて、下書きしてみました。

目を書かないで、サングラスで表情を出すのは難しいな。

高木美帆選手がスケートを滑っている絵手紙の下絵。
高木美帆選手がスケートを滑っている絵手紙に色をつけた作品。

絵手紙らしさはどこにありますか?

1)線は主に筆ペンを使用しました。

そのため、なめらかな線ではなく、変化のある線になったと思います。

細かいところは、細いボールペンと耐水ペン(ピグマペン、0.2ミリ)。

2)スピード感を出すため、ボールペンで線を付けてから青い色をぬりました。

3)サングラスの色出しが大変でした。

4)言葉を書くのに「高木選手」という書き方よりも、美帆というかわいい名前にしました。

少しでも敬意を払い、可愛らしさを出したかったからです。

記録そのもよりも、「渾身の力で」滑っている様子をかきました。

一般的な絵手紙タッチの作品例

参考までに一般的な絵手紙タッチの作品例。

濃い鉛筆、4Bで線描きした作品。私の教室の方。

これで十分、上手です。

サッカーの試合の絵手紙。鉛筆書き。

タイトルとURLをコピーしました