人気ブログランキングへにほんブログ村 イラストブログ 絵手紙へ
身近にいる人に、絵手紙を渡していきましょう。 - 絵手紙の書き方と楽しみ方を学ぶ/絵手紙.net

身近にいる人に、絵手紙を渡していきましょう。

宅配の人に絵手紙。絵手紙作品集

自宅に戻ったら、宅配便の不在通知表が入っていた。

もう一度、再配達してくれるように電話した。

「了解しました」という。

それから、配達されるまでの間に、絵手紙を書きました。

絵手紙2枚を台紙に貼って、とびだすカード型の絵も添えて書きました。

実物は、写真も取らずに渡してしまいました。(残念です)

似たようなものは、次の画像です。

言葉には、配達員の名前(不在票にある)も書き入れました。ここが、ポイント。

宅配の人にお礼状。

さて、その人の反応は?

大変、驚いてくれました。

「こういうのをいただいたのは初めてなもので」と言い、

次に、「いやー、感動しましたあ」と言って笑顔一杯で、受け取っていただきました。

機会を捉えて、絵手紙を「生きたものに」しましょう。

私の住んでいるところにも、車で走らせると無人の「野菜販売所」があります。

その販売所に、絵手紙を書いて「おいしかったこと」「安くしてくれて感謝していること」を書いて届けます。

安く買った主婦の方は、「お得でした」と自分を喜ばせて終わりのようです。

私の場合は、遠方でも、車で1時間以内ですが、「絵手紙を配達します」

そうしていると、無人販売の人と曹禺することもあり、会話がはずみます。

大抵は、その近くに自宅があるものです。

無人販売所のおばあさんに、自宅にまで呼ばれてお茶をごちそうになったり、他の野菜をいただいたりしたことがあります。

頂き物で、一番多かったのはスイカ23個です。しかも、一度で。

他には「果物販売所」もあります。

人がいて、果物を贈ってやる手配もしてくれます。

そういう、「一時的なお店」の人と、親しくなり、「額つきの絵手紙」を届けたことも10回以上あります。

その中に、ブドウを販売されている小松さんという販売所があります。

毎年、お店に2個の「額入り絵手紙」が展示されています。

お店の宣伝に役立ててもらっています。

絵手紙は「相手のことを考えて」「実際に届けてみてもらう」ものです。

絵の上手な方は、絵を自慢をする傾向があるため、人に「差し上げる」という行動をおこしません。

「自慢しているように思われたくない」という、自己保身が働いてしまいます。

相手に喜ばれてこそ「絵手紙らしくなる」というもの。

近所のこどもにも渡すと喜ばれ、時にはお返しの絵手紙もいただけます。

そういうことをしている私は、女性ではなく、男性です。

しかも、73歳です。

女性の絵手紙を書く方であれば、もっと多くに人に喜ばれる絵手紙が書けるでしょう。

お店にも、いっぱい渡しましょう。

今月は、クリーニング店にも渡しました。

身近な人に、勇気を持って渡すと、大きな喜びとなって帰ってくる。

タイトルとURLをコピーしました