広告

絵手紙を勧める理由「絵手紙考案者・小池邦夫の言葉」

Pocket

ここでとりあげている言葉は、小池邦夫氏の著作物から、その要点を取り上げています。

大事だと思えるポイントは筆者が補足追加しています。

広告

絵手紙を勧める理由1.思い切ってヘタに書ける。

日本絵手紙協会の公式教本「絵手紙をかこう」にはこう書いています。

春がやってくると、みんな一人ひとりがいきいきしてくる。

あったかくなるからだろう。元気活力も出てくる。

絵手紙が配達されると誰もが嬉しくて幸せな気持ちになってくる。

春の到来と似ている。

私は50年、絵手紙をかいてきた。

うまかったから始めたのではない。

かいてると面白くて飽きなかったのである。

なぜ面白かったのか。

思い切ってヘタにかいたからである。

大きな字で飾らずに自分をぶっつけたのである。

手でかいていると、一人ひとりが主役になれる。

小さいハガキだから、一人しか読まぬから、ぶっつけ書きがやれた。

妙に充実して快感さえあった。

絵手紙を送ると信頼されるようである。

特に感謝の気持ちは、絵手紙がいい。わずかな金額である。

手書きをしていると漢字も忘れず文章も自分流で書けてくる。

書くと、人が育ってくる。

私は「書育」と呼んでいる。

逢いたい人には絵手紙を書いてみませんか。

必ず届く。。

絵手紙を勧める理由2.心を伝えるアートだから。

著書「絵手紙をはじめてみませんか」より

もともと私は絵が描けなかった。

年賀状に絵が描けたらどんなにいいだろうと、憧れ続けていた。

字は書けても絵は才能が要ると思い込んでいた。

ある日、「ヘタでいい、ヘタがいい」と自ら唱えてチャレンジしたら、何となく描けた。

挨拶や約束事がある本来の手紙と違って、絵手紙が自由なのは

「世の中に合わせなくていい」

「自分の心の中を発信させればいい」からだ。

私はそんなやり方で、こっそり書き続けている。

大抵のことには飽きがくるものだが、絵手紙は飽きない。

きっと、一生続けても書き足りないだろう。

 何がおもしろいのかと、訊ねられる。

自分を表現すること以上に、ほかにおもしろいものはあるだろうか。

私にはない。

おもしろいから「手紙かき」になった。

手紙の中で絵も描ける。字も練磨できる。

いい言葉だって、時にはつかまえる。

いい人にだってめぐり会える。

どんなに遠くにいる人でも、絵手紙を書けば遠くはならぬ。

遠くの人をつないでくれるのも、絵手紙の力だ。

絵手紙というのものは、絵を描き、字を書き、恥をかきつつ、人間の総合力を

身につけるライフワークだと私は思っている。

絵手紙を勧める理由3.心をこめた手書きは美しい。

ヘタでいいと言われても、、困ってしまう方もおられるでしょう。

小池氏の言葉にこうあります。

便利な世の中になった。

でも手書きの底力は、人間が生きている限り心を動かすだろう。

メール100通より、絵手紙の1通は残る。

心を込めた手書きは美しい。

それには充実した毎日が必須。

つまり、絵手紙は書き方ではなく、生き方そのものだ。

コメント