絵手紙の道具セット(筆・顔彩・ハガキ)入手方法。

広告
Pocket

絵手紙を始めるには、書く道具(筆)ハガキ彩色のための絵の具の3種が基本的に必要です

書く道具として、一般に鉛筆やボールペン、油性マーカーなどは殆どの方が持っています。

筆ペンは、持っていない場合が多いと思います。

その他のハガキ、特に画仙ハガキや顔彩は持っていないでしょう。

そのため、どうしても絵手紙セットが必要です。すぐに買えます。

すでに持っている方はこのところは飛ばして下さい。

絵手紙セットにも格安なものもあります。

百円ショップのものも利用できますが、筆も墨もハガキも、絵の具もどれも皆、低品質でお勧めできません。

それでも、利用可能なのは子供の学習に使った「水彩絵の具セット」です。

1.格安でお勧めできるのは、こちらの小さな顔彩セットです。

商品名は 「呉竹 顔彩 フィス KG204-4 12色パレット」

次のボタンで、アマゾン、楽天などで注文できます。

筆ペン(青墨)と水筆も別に追加注文するとよいでしょう。

2.初心者が絵手紙を始めるのに適しているのは12色セット。

1)商品名「呉竹 顔彩耽美絵てがみセット」

 (注意)顔彩の色が12色です。足りないと思う方は、別の18色、24色を選びましょう。

3)初心者でも18色、24色の顔彩セットがあれば、好スタート。

次の[B-1絵手紙セット]は、楽天だけが扱っていました。

顔彩は20色、墨、硯、筆、ハガキ、梅皿など、本格的な道具一式が揃っています。

画像の参考にしたのは楽天市場です。「絵手紙セット」で検索して購入できます。

4)最初から上級の絵手紙セットを希望の方にお勧め、カタログ取り寄せ。

その方法は商品のカタログ集を取り寄せてゆっくり決めましょう。

一つは、日本絵手紙協会のお勧めの「絵手紙株式会社」のカタログです。

次のところに連絡すれば無料で送ってくれます。

たくさんの絵手紙道具が紹介されています。

郵便番号389-2702

長野県下水内郡栄村大字北信2503  絵手紙株式会社

TEL 0269-82-1910   FAX 0120-5562-03

パソコンやスマホで、  URL http://www..etegami-shop.net/



ここでは、絵手紙セットの紹介でした。

筆、ハガキ、その他の道具は個別にネットで検索して下さい。

また、次の記事をご覧下さい。
絵手紙の彩色用具「顔彩の種類と入手方法」を紹介。

筆、ハガキの選び方についての参考記事もご覧下さい。

コメント