広告

絵手紙の文字の書き方を工夫し、向上させるポイントは?

Pocket

絵手紙の絵に個性があるように、文字の書き方にも個性的で美しい書き方がいいです。

では、具体的にどこに、注意を払って書くと、「すてきな絵手紙、魅力的な絵手紙」になるのでしょうか?

そのポイントをお知らせしたいと思います。

広告

1.文字の書き方も「魅力的な絵手紙」の大切な要素です。

絵手紙の絵と同様に、文字の書き方も大切です。

文字も(線の太さ、ハガキのにじみを活かす、力強く現わす、筆の種類で違いを出す)などがあるからです。

文字の太さと筆記具の関係

細いペンで書く場合もあれば、太い筆と墨で濃く書いたり、薄い墨でにじむように書く場合があります。

にじみのある文字や墨の濃淡は、使うハガキ(にじみの程度)によって使い分けます。

にじみあるハガキの場合は、やわらかい感じが出ます。

絵手紙の文字の書き方例ー1

2.文字には、多くの変化球がある。その3つのポイントは。

文字には、直球と変化球があります。

直球というのは、楷書で書いた文字のことです。

変化球とは、筆記体やその他の書き方のことです。

この、変化球には、多くの球種があり、変化の仕方が面白いのです。

変化のある文字の3つのポイントは。

1)文字を同じ大きさに書かない。

特に漢字とひらがなの書き方。ひらがなは小さく書く。

2)真っすぐに書かない。

3)ひらがなを多く使う。個性的なひらがなを使う。

分かり易く、画像で現わしてみました。

赤い線のように、曲げたり、小さくしたり、位置をずらしたりしましょう。

絵手紙の文字の書き方例ー2

3.書きたい文字数によって、筆記具を変えて書きましょう。

書きたい文字数によって、文字の書き方と位置を変えましょう。

筆で縦書き(絵を上に大きく書いたので、下の方に言葉を縦に書いた例)

絵手紙の文字の書き方例ー3

多くの文字を書きたい場合の例(ペン書き、横書き)

絵手紙の文字の書き方例ー4

変化のある文字も練習しましょう。

楽しいですよ。

絵手紙の文字の書き方例ー5

4. 変化に富んだ文字の世界「遊び文字」という書き方があります。

文字そのものを、アイデアで工夫して変化させるものです。

遊び文字の達人「森 千景」先生による作品の一つを紹介。

文字の書き方ー遊び文字の例

遊び文字の分野は、奥が深く、絵も書き慣れていて、文字の知識と工夫する発想力が必要です。

だからこそ、自分の世界が広がり楽しみも尽きないようです。

こうした文字の書き方に感心のある方は、絵手紙協会や、絵手紙株式会社の書籍で学ぶことをお勧めします。

要望や感想がありましたらお知らせ下さい。

    コメント