爪楊枝ペンで書くふきのとうの絵手紙2枚と書き方動画。

広告
Pocket

ふきのとうを書く時には、あまりにも太い線では適当とは思えません。

ふきのとうの葉が薄いからです。

しかも、葉には凹凸がかなりあります。

特に、新しい芽の状態、若いふきのとうを書く時には細いほうがいい。

爪楊枝ペンで書く時の工夫と注意点。

爪楊枝ペンで書く時には2つの工夫があるといい。

1)爪楊枝をそのままにして使わない。先端を2ミリほど爪切りでカットしましょう。

  そして、カットした先端を、紙やすりかまたは、爪切りのやすり部分で丸くします。

  柔らかい画仙紙だと、書く時に紙の表面が切れてしまうからです。

2)もう一つの工夫は、爪楊枝ペンをそのまま使うと持ちにくいので支え棒を付けます。

  割りばしの先端に爪楊枝をつけて(テープを巻くだけでも固定できます)。

  そうなると長くなって、持ちやすくなります。

ふきのとうの絵手紙画像2枚。彩色済み。

その1

ふきのとうー24年1

その2

ふきのとうー24年2

爪楊枝ペンで書くふきのとうの動画。

ふきのとうを爪楊枝ペンで書く動画

ふきのとうの彩色の動画

コメント