冬野菜の白菜とキャベツ・絵手紙の絵の書き方

広告
Pocket

白菜の書き方は2通りあります。

一つは、白菜の白い筋を残す、白抜きという書き方です。

もう一つは白い部分に白い絵の具(顔彩、水彩絵の具、白のパステルなど)を使う方法です。

殆どの方は、白抜きの方が書き易いのでその方法で書いています。

白抜きの絵の紹介

シャープペン、ボールペンなど細いもので書きました。

白菜の絵ー1

最近、画像が増えてサイトの動きが遅くなっています。

小さくアップすると少し良いということです。

次は竹ペンで書きました。

白い部分に絵の具を塗ってから、周りの方を彩色しました。

白菜の絵ー2

どちらも、ネットで多く紹介されている「筆ペンで書いた作品」などとは違います。

どこが、どのように違うのか調べ、比べてみましょう。

白菜ではありませんが、キャベツの絵も紹介します。

キャベツも、白菜も周りの葉っぱは固いので、どんどん剥かれて捨てられます。

外の葉は、農家で捨てられて、スーパーで捨てられ、さらに家庭でも捨てられます。

少し固いだけで調理をすれば立派に食べられます。

少し汚れても、あまり捨てないで下さい。お願いです。

キャベツの絵

白菜の絵手紙とキャベツの絵手紙は、白菜などの野菜を頂くたびに、渡してしまって

自宅に残っていませんでした。

久しぶりに書きました。

言葉はかいていませんが、「今夜は鍋にしよう」という書き方は止めましょう。

料理の仕方を書いてはいけません。

それは、自分のメモ書き、独り言です。

白菜を育てた農家の人の姿を思い浮かべて下さい。

朝早く、寒く暗いうちから起きて働く人の姿、冷たい手で作業している姿が見えてきませんか?

大人として、健全な想像力や思いやりの心を持つと、いい言葉が浮かんできます。

がんばって下さい。

気づいたことがございましたら、お気軽に知らせ下さい。

    コメント