バラの花の彩色方法・色をぼかすにはどうする?

ぼかした絵の書き方―バラ1絵手紙作品集
Pocket

色をぼかして塗る時の方法として、小道具を使う方法と筆で塗ってぼかす方法がある。

ここでは、筆を使ってぼかす方法を紹介したい。

その方法のポイントは「筆に色をつけないで、水だけで塗ってから、次に色をつけた筆を使う」というものです。

色塗りで、ぼかすには、水だけで書いてから。その後色塗りをする。

文字だけの説明では分かりにくいと思うので、イラスト画像でお伝えします。

ぼかす色塗り方法のイラスト

次に、ぼかした塗り方で書いた例(バラの花)を紹介します。

その1)水彩画用のハガキ。にじみは少なく、はじきやすい。

それでも、水塗りと色塗りの2段階の方法で塗りました。

ぼかした絵の書き方―バラ1

その2)こちらは少しにじみのある、画仙ハガキ。筆ペンで線描き。

一般的に多い書き方で、水塗りをしないで、白い部分を活かした塗り方です。

ぼかした絵の書き方―バラ2

その3)にじみのある画仙はがきに、耐水ペン、ピグマペンで線描き。

水塗りをしたうえで、色塗りをしてみました。

色塗りするところは、少なめにしています。

ぼかした絵の書き方―バラ3

その4)にじみのある画仙ハガキ使用。ピグマペン。

水塗りは、ほんの僅か、少しだけ。塗り残しの方法と合わせて塗っています。

背景に色を塗ると、花が引き立つと思って、背景にも濃い色を塗ってみました。

ぼかした絵の書き方―バラ4

その5)にじみの少ない水彩画のハガキ。

水塗りをした上で、濃い色で色塗りをしました。

ぼかした絵の書き方―バラ5


コメント

タイトルとURLをコピーしました