もし、1日だけ奇跡で願いがかなうとしたら、何を望む?

ピアニスト辻井伸行を書いた絵手紙絵手紙作品集
Pocket

このタイトルは、12年前に盲目のピアニスト辻井伸行氏が受けた質問です。

彼は何と答えたと思いますか?

私はその言葉に衝撃を受けました。

それで、絵手紙に残しました。

彼はテレビのインタビューで、質問されて、答えるのに迷いませんでした。

「目が見えること」と関係がありますが、目が見えて色々なところに行って見たいのではありません。

「目が見えて、、両親の顔を見ることです」と答えた。

私たちは、目が見えることを当然と思っていますから、奇跡でお金や名誉や美しさを願い求めるかもしれません。

それが、「たった1日だけの奇跡」として経験したかったことです。

たった1日ですよ。

あなたにも、心に残る場面や言葉が思いだせるでしょうか?

私の12年前の絵手紙です。

ピアニスト辻井伸行を書いた絵手紙

まるで12年前のことが、昨日のようです。

心に感じる言葉を書いておきましょう。

絵の方は、後日書いてもいい。絵は無くてもいいのです。

この投稿が、あなたの心に何かの刺激になり、行動することが出来るように願います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました