にほんブログ村 イラストブログ 絵手紙へ
にほんブログ村

絵手紙の書き方・割り箸ペンで手の絵を書いてみた。

作品例と鑑賞

手の絵もそれだけで、多くを語るような気がします。

特に、色々な職業の人の手です。職人の働いている手は、すばらしい働き、動きをします。

それを、私は「美しい」と感じることがあります。

もちろん、職人の手の技を絵手紙に書くのことは、難しいことです。

ヘタでいいからと割り箸ペンで書きました。

にじみのある、画仙紙を使ったので、派手に多く墨を落として失敗したのもあります。

最初は建具職人さんの「小さい釘を打つところ」です。

建具職人の手

料理人の手です。何かの素材を捌いている絵です。

料理人の手

陶芸家の作業中の絵です。墨が多く落ちました。

陶芸家の手1

無理に直してみたら、反って上手くありませんでした。

陶芸家の手2

絵手紙として、陶芸につながる作品を書いて見ました。

陶芸家の手3

職人の手ではなく、食人の手、アイスを持つ手です。

アイスを持つ手

殆どの絵を、割り箸ペンで書きました。

にじみのある画仙紙だからこそ、味があるものの、墨が多く落ちてにじみ、少しの失敗もあります。

これこそが、絵手紙の味なのだと、自分で無理に納得させています。

タイトルとURLをコピーしました