にほんブログ村 イラストブログ 絵手紙へ
にほんブログ村

絵手紙の書き方 ほおずき(鬼灯)・17作品の例。

鬼灯の画像2書き方の応用

ネットで検索する時は、「絵手紙の書き方ほおずき」と「絵手紙 ほおずき」では出てくる記事がかなり違います。

私の古いブログの方は「絵手紙の書き方 ホオズキ」とカタカナで書いています。

そちらも見たい方は「感動の絵手紙・書き方講座」ホオズキ。です。

スポンサーリンク

ほおずきのことを漢字で書くと「鬼灯」と書くのはどうして?

外側の赤い皮がなくなると、筋だけが残り、中の赤い実が灯りのように見えるかららしい。

枯れた鬼灯画像1
枯れたほおずきー2

1.初めは、毛筆で書いた未彩色のもの。横型です。

実際のものよりも、葉っぱが小さいです。

ほおずき1

2.縦型で未彩色のもの。

ほおずき2

3.縦型、毛筆、彩色。

ほおずき3

4.縦型、細い線、彩色。2つのほおずきが縦に入っていて省略少ない。

ほおずき4

5.画仙紙や和紙に書いたものをちぎって、色の画用紙に貼ったもの。

鬼灯の絵5

6.細いペン

ほおずきー12

7.言葉入り、彩色した絵手紙。絵手紙を受け取る相手に対する言葉を。言葉の参考。同じ絵が下にもあります。

ほおずきー11

.ピグマペン。風(生活上の問題の意味)があっても穏やかに。

ほおずきー6

.茎の構図を大きく曲げて、風の雰囲気を出してみた。

ほおずきー7

10.ほおずきに語りかけた。二つの実を二人の人、夫婦として見た。

ほおずきー8

11.心を赤く、あざやかに染めておでかけ気分を。

ほおずきー9

12.大きく書いたほおずき。

ほおずきー10

13.竹ペンで縦に。濃い墨の部分は、意識的にその場所を筆の初め部分とした。

ほおずき13

14.元気で生きることは天からの恵み。人も、花も。

ほおずき14

15.思い出(相手の心)も悪く考えず、宝石のような貴重なものとして考えよう。

ほおずき15

16.竹ペン。書いた後に朱色の細かいものを吹き付け、降り注ぎを表した。

ほおずき16

17.高齢でも若くても、今日は新しい一日のスタートと考え、積極的に。

ほおずき17
タイトルとURLをコピーしました