にほんブログ村 イラストブログ 絵手紙へ
にほんブログ村

小学生の絵手紙の作品例を少ししか紹介できない理由がある。

子供絵描き小学生の絵手紙

絵手紙は、個人的な作品なので、著作権で保護されています。

子供の作品でも、同じです。

また、本に載っているものを許可無く公開(紹介)できません。

紹介する方法が、全く無い訳ではありません。

メールで名前を登録していただき、パスワードで開かせる記事にすれば、可能です。個人的な使い方の誓約をしてからみることになります。

現在、当方ではできていません。

 この投稿でできるのは、子供たちが絵手紙を楽しく書くための4つの工夫を紹介することです。

書き方の工夫1.普通ハガキよりも少し大きいハガキに書いてもらう。

これは、友人の子供さん、8歳の作品です。

この場合、最初は、白鳥の頭も書いていました。

つまり普通ハガキよりも少し大きい画用紙に書きました。

それを、普通ハガキにカットすると、「絵手紙らしい作品」になりました。

理由は、白鳥の頭が全部書かれていない方が、迫力があるからです。

書き方の工夫2.遊び道具を書いてもらおう。

興味のあるものなら、何でも題材になります。

子供は遊ぶのは大好きですが、片付けは苦手です。

遊び道具をきれいに拭いて、その絵を書いてもらいましょう。

また、靴や帽子などでも良いです。

特に靴は、汚したままが多い。その汚した靴を書くのもいい。

ビーチサンダル

こちらは、10歳の作品です。

こちらも、ビーチサンダルが、上も下も省略されています。

これが、絵手紙風だからです。

言葉もいい。~したい。と素直に表現できています。

書き方の工夫3。本人のサインを考え、選ばせよう。

名前の意味するサイン。

有名人やスポーツ選手のサインと「同じ意味」です。

他の人のものではなく、場合によっては1年ご、10年後にも見ることの出来る作品の製作者です。

その自覚を持たせて、作品にハンコやその代わりを書かせましょう。

私の場合は、下の画像のハガキを見せ

書き方の工夫4。マンガのイラスト、友達の顔、面白い題材を探させよう。

絵手紙の面白い点は、書く前に、書くための題材を探すことです。

探検ごっこみたいです。

自由な発想で欠かせましょう。

テレビマンガの「忍たま」3人組、なんかもいいよ。

小学生でも、少し上級になると、スゴイ、タッチで書くんですよ。

大人が、野菜や花ばかり書いていて、他のものは書けないという。

その点、子供の絵の題材の選び方は、どんどん成長します。

大人の女性には苦手な、昆虫やカブトムシ、セミなども書かせて下さい。

次は、昆虫やセミの絵手紙を投稿します。

タイトルとURLをコピーしました